株式会社オクヤマフード

okuyama_food_01
冷凍
レンジ
オーブン
焼く
煮る
茹でる
揚げる
温める
そのまま

麓山高原豚角煮、うめね牛

豚肉は福島県オリジナルのブランド豚(三元豚)を使用、臭みが少なく脂があっさりしているのが特徴の豚肉です。スチームオーブンを利用することにより、豚肉の旨味を逃がさないように調理し、味付けは万人受けするような味付けにしました。レンジアップでの加熱で美味しく頂けます。夕食のおかずの一品や飲食店での小鉢での一品としても提供できます。お酒との愛称もいいのでおすすめです。

POINT!

  • うねめ牛(雌牛):福島県郡山市で育成。黒毛和牛の雌のみのブランド。A4~5のみ。福島牛と比べても頭数が少なく、発生率が低く希少価値が高い!
  • 伊達鶏:希少な銘柄鶏である伊達鶏をチルドで納品することが可能。フランスの鶏肉を原種鶏として掛け合わせた品種で、固すぎず、柔らかすぎず、ちょうどよい食感が特徴。脂の旨味も特徴の一つ。
  • 麓山高原豚:福島県内の限定された飼育農家で作られた豚。仕上げの60日間に専用飼料を与えることで、臭みを少なく、食味の向上を図っています。良質な脂肪と肉質を重視し、アクの出にくい柔らかな肉質となっています。チャーシューなどのPB商品のご相談も可能です。
  • その他:福島牛小腸味噌ダレ味付けホルモン など福島牛(福島県産の牛ブランド)や、福島県内で屠畜した豚の内臓も取り扱いあり豊富な種類で商品提案可能。福島牛、麓山高原豚との合挽ハンバーグや、様々な加工品のご相談も承ります

関連資料

メニューの例

麓山高原豚のサルティンボッカ

麓山高原豚のサルティンボッカ

《材料》

・麓山高原豚ロース(スライス) ・生ハム ・セージ ・小麦粉 ・きのこ ・バター ・オリーブオイル ・レモン汁 ・白ワイン ・塩、胡椒

《作り方》

  1. 麓山高原豚ロースに、セージ、生ハムを乗せ、小麦粉をまぶす
  2. オリーブオイルとバターでソテーし、きのこを入れ、白ワインで煮詰める
  3. 塩、胡椒、バター、レモン汁で味を整え、皿に盛る
株式会社オクヤマフード
お客様に忠実であれ、基本に実直であれをモットーに、食肉卸売をしている会社 です。国産・輸入品問わず牛豚鶏はもちろん牛豚の内臓肉(バラエティーミート)も 扱っています。先代の社長の代から内臓肉の仕入れにこだわっており。内臓肉の 需要と認知が少ない時代から、取り扱いをしていました。内臓肉(バラエティーミー ト)の魅力を食べて感じて欲しいです。現在はJFS-B規格の認証取得を目指し加 工品製造工場を建設。お惣菜工場として、商品製造し販促を続けています。
https://www.okuyama-food.jp
上部へスクロール